ルルクシェル 産後におすすめできる効果あり?ナイトブラの選び方

ルルクシェル
佐々木遥
佐々木遥

ルルクシェルは産後におすすめです。

 

産後、特に授乳期間中の女性にとって、バストケアは一大課題です。

バストサイズが変わることで着用するブラジャーも変わるケースが多く、多くの女性が

「垂れ乳を防ぎたい」

「形をキープしたい」

と悩んでいます。

そこで出てくるのが、授乳中でも着用できるルルクシェル。

この記事では、産後のバストケアに特化したルルクシェルのナイトブラについて、その効果や授乳中の着用のメリットについて解説します。

  • ルルクシェルのナイトブラが産後にどれだけおすすめできるのか
  • 授乳中にナイトブラを着用するメリット
  • 選び方のポイントと注意点

妊娠、出産は女性の身体に多くの変化をもたらします。

その中で、卒乳後も美しいバストラインをキープしたいと考えるのは当然のこと。

お悩みの方は、ぜひ最後までお読みください。

 

ルルクシェル 産後におすすめできる効果あり!

 

産後のバストケアについて「ルルクシェル」の効果に焦点を当てたいと思います。

産後は多くの身体的変化があり、バストもその一つ。

ルルクシェルのナイトブラがどれほどおすすめできる効果があるのか、一緒に見ていきましょう!

 

産後のバストラインの変化をキープ

出典:初めてのママお役立ちガイド|WACOAL WEB STORE

 

産後はバストサイズが急激に変わります。

具体的には、普段より最大で2カップほどUPすることが多いんですよ。

しかし、その後卒乳すると、バストサイズは徐々に元に戻っていくことが多いです。

この時期にしっかりとルルクシェルでケアをしておくことで、卒乳後も美しいバストラインをキープすることが可能です。

 

ルルクシェルが産後に期待できる効果

寝ている間にバストが垂れてしまうのを防ぐ効果が期待できます。

特に授乳中はバストが不安定な状態なので、ルルクシェルの2重ネットによるバストサポートは有用です。

そして、何より夜の安眠効果も期待できるのがルルクシェルの魅力です。

ナイトブラは、眠っている間に胸が垂れてしまうのをホールドし、安定した状態へと導いてくれるアイテムのこと。

着用したまま寝ることで、寝返りなどで動いてしまうバストの形を整えてくれます。

また、バストが安定するので、安眠効果が期待できるのも嬉しいポイント。

授乳中はバストアップして形が変わりやすいので、良い状態をキープしておくのが大切です。

 

ルルクシェルはなぜおすすめ?

  • 寝ているときのバストの揺れを防ぐ: これにより、バストの形が崩れにくくなります。
  • 体温を適切に保つ: ホルモンバランスも整えてくれます。

 

授乳中でもナイトブラは非常に有用です。

多くのママが

「ナイトブラの使い心地が良すぎて、昼間も授乳用に使っている!」

と口コミでも話題です。

特に、ルルクシェルのナイトブラはその多機能性から、産後のママたちに自信を持っておすすめできます。

すでに卒乳してバストが変わってしまったという方も、早めにナイトブラを取り入れることで今後の予防に繋がります。

 

ルルクシェル 産後にナイトブラをするメリット

よく聞く、産後のバストのお悩みには、

「しぼんでハリがなくなった」

「垂れてしまった」

などがあります。

どれもできるかぎり避けたいですよね。

このようなお悩みを軽減できるのがルルクシェルのメリットです。

 

産後のバストはトラブルが起こりがち

産後に起こりやすいバストのトラブル

  • ハリがなくなる
  • 下垂する
  • サイズダウンする
  • デコルテが痩せる

これらの原因は大きく分けると

「バストの急激な変化」と「授乳時の負担」

です。

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増え、授乳期までにバストサイズは1、2カップほど大きくなります。

しかし卒乳後は女性ホルモンが激減し、一気にサイズダウンするのです。

この変化にバストの皮膚が追いつかず、皮が余ることでハリの喪失やデコルテ痩せが起こります。

また、妊娠中や授乳中はバストの重量が増しているため、バストを支えるクーパー靭帯が傷つきやすい状態です。

さらに授乳時は赤ちゃんが母乳を吸うことで、バストに強い負荷がかかります。

クーパー靭帯が損傷しバストを支えられなくなると、さらなる下垂やサイズダウンに繋がります。

 

ルルクシェルを産後にするメリット

バストの形やハリを保つためには、クーパー靭帯にストレスをかけないことが大事です。

しかし就寝中にサポート力の低いインナーを着けていると、寝返りなどの動作でバストが揺れ動き、知らず知らずに負荷がかかります。

ルルクシェルは就寝中のバストの揺れを最小限に留め、クーパー靭帯が必要以上に傷つくことを防ぎます。

また、卒乳後はバストが小さくなりがちなため、脇や背中のお肉を集められるルルクシェルはバストメイクに最適。

着け心地が快適なものも多く、眠りを妨げないというメリットもあります。

産前・産後は疲れやすいため、質のよい睡眠でしっかりと身体を休めましょう。

 

クーパー靭帯を守る

バストを支えているのは「クーパー靭帯」という繊維。

これが伸びてしまうと、バストは下垂しやすくなります。

ルルクシェルはこのクーパー靭帯にかかる負荷を軽減してくれるので、下垂の予防に効果的です。

 

睡眠の質向上

ルルクシェルは心地よいフィット感で、締めつけがないため、質の良い睡眠を促します。

産後は特に質の良い睡眠が必要ですから、これは大きなメリットです。

 

産後のバストケアは、疲れた身体と戦いながらも意識したいポイントです。

ルルクシェルをうまく活用することで、ママたち自身の美しさと自信を保つ一歩になるでしょう。

バストケアは長いマラソン。

だからこそ、最適なサポートが必要なのです。

お疲れのママたち、ぜひルルクシェルで美バストをキープしましょう!

 

ルルクシェル 産後|ナイトブラの選び方

産後、授乳中にぴったりのナイトブラを選ぶポイントについてお伝えします。

ナイトブラは、就寝中もバストを優しくサポートしてくれる特別なブラジャーです。

一晩中バストを適切な位置にキープすることで、重力や寝返りによる負荷を軽減してくれます。

 

産後のバストケア:選ぶべきナイトブラとは

  • 伸縮性があってほどよい締め付け
  • 素材が柔らかい(肌に優しい)
  • サッとバストが出せて、授乳できるくらいの伸びがある
  • 母乳パッドの取付けができる

ほどよい締め付けのナイトブラを

産後のバストはデリケートなので、締め付けがきつすぎないことが一番のポイント。

産後、特に授乳期にはバストケアが必要です。

締め付けが強すぎると母乳の出が悪くなる可能性があり、また、敏感になった肌に肌荒れを引き起こすこともあります。

ルルクシェルならノンワイヤーで肌触りのいい生地なのでおすすめ。

また、ルルクシェルはフロントホックタイプなので、めくりやすく授乳時に焦らなくていいです。

生地の伸びが良く耐久性のあるルルクシェルは、そういった意味でも優秀です。

 

母乳パッドを入れられるポケット付き

母乳パッドを取り付けても大丈夫なデザインのものを選ぶと、母乳モレも気にならずに快適に過ごせます。

ルルクシェルは、パッドを入れることができるポケットが付いているので、デリケートゾーンに厚みを持たせることもできます。

また母乳を出やすくするためには、お母さんがリラックスした状態にあることが大切。

ルルクシェルは付け心地が良く、適度なホールド力に期待ができます。

 

卒乳後は、戻ったバストサイズに合ったナイトブラを選ぶ

授乳中も卒乳後も、バストケアは重要です。

授乳が終わると、多くの場合、バストサイズは元に戻ります。

卒乳後は特にバストサイズが小さくなりがちなので、その時点で適したサイズのナイトブラに替えることがおすすめです。

卒乳後は新たなサイズに合ったナイトブラを選びましょう。

もったいないと感じるかもしれませんが、バストに合わないナイトブラでは効果を発揮できません。

サイズが合ったナイトブラを選ぶことで、最適なサポートが得られます。

 

  1. 出産後、バストサイズは大きくなりがち。
  2. 授乳期間中は、適切なサイズとフィット感のナイトブラを選ぶ。
  3. 卒乳後は、新たなサイズに合ったナイトブラに変更。
  4. クーパー靭帯への負担を減らし、長期的な美バストケアを。

 

産後も美しいバストをキープするためには、卒乳後のバストサイズに合わせたナイトブラでのケアが重要です。

特に、クーパー靭帯(胸を支える組織)への負担を最小限にすることが大切。

サイズが変わるこれらの時期に適したナイトブラを選ぶことで、美しいバストをキープしやすくなります。

 

ルルクシェル 産後|注意点

 

佐々木遥
佐々木遥

ルルクシェルを産後に着けるときの注意点について

出産後のバストの変化は非常に多くの女性が体験する自然なプロセスです。

ホルモンバランスが変化し、バストのサイズも大きくなることが多いです。

サイズが2カップ程度アップする女性も少なくありませんよね。

 

産後のバストケアで注意したいこと

産後、特に授乳期にはバストケアが必要です。

出産後、女性のバストはホルモンバランスの変化から母乳を作り出します。

母乳を出すためにバストは大きくなり、人によっては2サイズほどアップすることも。

その際には、締め付けすぎないナイトブラを選ぶことが大切です。

締め付けが強すぎると母乳の出が悪くなる可能性があり、また、敏感になった肌に肌荒れを引き起こすこともあります。

産後の肌はとても敏感なので、ナイトブラを使うことで起こす肌荒れにも気をつけておきましょう。

 

卒乳後は戻ったバストサイズに合ったナイトブラを

授乳が終わると、多くの場合、バストサイズは元に戻ります。

授乳期間中に使っていたナイトブラが大きすぎると、その後のケアに適していない可能性が高いです。

授乳が終わるころには、もう完全に元のカップサイズに戻っている状態の方が大半だと思います。

なので、授乳中に使っているナイトブラが大きすぎて合わないという現象が起こってしまうんです…!

大きすぎてヨレているナイトブラは、ホールド力がかなり落ちてしまうので、卒乳後も同じものを着けることはおすすめできません。

授乳期は授乳期のナイトブラ・卒乳後はその時のバストサイズに合わせたナイトブラでバストケアをするのが、美バストキープのためにも一番良いと言えるでしょう。

卒乳後は新たなサイズに合ったナイトブラを選びましょう。

卒乳後も美しいバストをキープするためには、卒乳後のバストサイズに合わせたナイトブラでのケアが重要です。

特に、クーパー靭帯(胸を支える組織)への負担を最小限にすることが大切です。

  1. 出産後、バストサイズは大きくなりがち。
  2. 授乳期間中は、適切なサイズとフィット感のナイトブラを選ぶ。
  3. 卒乳後は、新たなサイズに合ったナイトブラに変更。
  4. クーパー靭帯への負担を減らし、長期的な美バストケアを。

産後のバストケアはしっかりと行いたいもの。

サイズが変わるこれらの時期に適したナイトブラを選ぶことで、美しいバストをキープしやすくなります。

これからも、あなたの美しさを最大限に引き出すケアをお忘れなく!

この記事を書いた人
この記事を書いた人
佐々木遙

メイクアップ・アーティスト。
約8年間、モデル、タレントなどの芸能活動を行い、引退後はメイクアップ・アーティストに転身。
国内外で舞台、スチール、ショー、芸能人のヘアとメイクを担当。
また、講師としても活躍中。

佐々木遙をフォローする
ルルクシェル